ほくろ除去は跡を残さずにできる【メリットが多くあります】

きれいに除去できます

看護師

ほくろ除去には、レーザーや切除などの様々な方法があり、費用も大きさにより違います。大切なことは、後遺症が残らないように、医師のカウンセリングをしっかり受けて治療にあたることです。治療法について納得した上で実施することが大切です。

詳しく見る

診察前の情報収集が重要

顔に触れる女性

見た目を整えるためのほくろ除去を望むなら、美容に特化したクリニックに頼まなければいけません。初めて診察を受ける方はどこに通うのがベストなのか分からないでしょうから、ネットとカウンセリングを活用して、ほくろ除去前の情報収集をおこないましょう。

詳しく見る

自分に合った手術を選ぼう

診察

ほくろ除去の方法には種類があり、くり抜き法は一度の手術で済み、レーザーは傷が治りやすいといったメリットがあります。手術の流れに関しては、まずカウンセリングを受け、局所麻酔をした上で5〜10分程度の手術を行うという流れになります。

詳しく見る

突然できたシミ

ボディ

ほくろを除去するのは皮膚科や形成外科でもできますが悪性腫瘍の場合では皮膚科の方が専門と言えます。設備などにもよりますが皮膚科であれば再発しないように切除することが目的です。いずれにしても正しい診断を受けることが重要です。

詳しく見る

専門の美容クリニックへ

看護師

ほくろ除去にはいくつかの方法がありますので、なるべく様々な治療を受けられる専門の美容外科クリニックを選ぶと良いでしょう。申し込みはインターネットサイトからが便利ですが、来院を急ぐ場合は電話でも可能です。

詳しく見る

原理はシミと同じ

医者

紫外線が大きな原因

ほくろは基本的にシミと同じで、メラニン色素によるものです。ただ、シミがメラニン色素の沈着が原因であるのに対して、ほくろは沈着したシミが一極集中したものとなります。ですから、シミよりも盛り上がっている場合が多いのです。ほくろはでき方によって、単純黒子、色素細胞母斑、老人性色素班にわけられます。単純黒子はメラニン色素が表皮基底層に集中して増えたもの、色素細胞母斑はメラニン色素が何層にもわたって増えたものです。なお、色素細胞母斑は色素性母斑や母斑細胞母斑という別名も持ちます。老人性色素班は加齢に伴い増えるタイプで、過去に浴びた紫外線が原因で出てくると考えられます。他のほくろも紫外線が主な原因ですが、メイクやマッサージなどの刺激やターンオーバーの乱れなどが原因となる可能性は否定できません。形がいびつなほくろはメラノーマという皮膚がんの疑いがあるため、一刻も早く除去することが推奨されています。それ以外のものは、体に害があるとは考えられないので、除去する場合は自由診療となります。ほくろ除去は皮膚科や形成外科、美容外科などが行っています。皮膚がんなどの疑いがある場合は、保険内治療が可能です。元々医療機関で行われていたほくろ除去方法はメス切除縫合やくりぬきなどが主でしたが、近年ではレーザーによる施術や液体窒素での凍結による施術など、選択肢が増えました。レーザーや高周波メスによる除去は、短時間の施術でリスクが低い、傷跡が残りにくいなど、メリットが多くあります。しかし、確実性が高いのは、根までしっかり取れるメス切除縫合やくりぬきです。悪性である可能性が否定できなかったり、大きく膨らみ6mm以上のサイズだったりすればメス切除縫合が適当で、6mm以内のサイズであればくりぬきで除去可能です。人気がある方法はレーザー施術で、液体窒素による施術も注目されつつあります。そのほくろのサイズや膨らみに合わせて施術方法を選ぶことが大切です。悪性かもしれず、切り取った後に病理検査する場合は、皮膚科を受診するといいかもしれません。そでなければ、できるだけ肌に傷跡を残さないように最大限の注意を払ってくれる美容外科や形成外科を受診するのも一つの方法です。

Copyright© 2018 ほくろ除去は跡を残さずにできる【メリットが多くあります】 All Rights Reserved.